最高のゲームモンスターハンター2ndG

モンスターハンターポータブル2ndG(以下MHP2G)は私がこれまで最もプレイしたゲームの一つです。

機種はPSP(プレイステーションポータブル)なのでかなり昔の作品になりますが、そのゲーム性やボリュームはとても素晴らしく、「終わりがないゲーム」と言っても過言ではありません。

今や「モンハン」という言葉は主流になっていますが、その切っ掛けを作ったのがMHP2Gだと思います。

モンスターハンターポータブル2nd(以下MHP2)だけでもかなりのボリュームがあり、やり応え満載だったのにも関わらず、MHP2Gはそれに加えてモンスターの追加や武具の追加、ミッションの追加をしました。普通にプレイしていても軽く500時間は超える作品になっています。

私はこのこのソフトを1000時間以上プレイしました。しかしそれでもまだまだ物足りない状態でした。

何が面白いのか?と言いますと、やはり自分の理想である武具を揃えることに夢中になることです。

各武具には様々な特性があり、武具の装備パターンにより発動するスキルが変わってきます。

自分が理想とするスキルを発動するにはどの武具が必要なのかを調べ、その素材を集めるためにモンスターを狩りに行くことになります。しかし素材はそう簡単に集まりません。中には数パーセント台でしか手に入らないものもあります。

そういった物を何度も何度もクエストを繰り返してようやく完成した武具には一つの愛情が込められます。

今ではモンスターハンターには当たり前のようにこのシステムがありますが、このシステムがあってこその今の人気だと思います。そしてその基盤を確実にしたのはMHP2Gだと思います。